2019年12月29日

はんじょうブース・・・「はんじょうアート」「はんじょうフード」って? 第20回杜の宮市

 2020年5月5日開催の第20回杜の宮市は、1月8日まで出展希望者の募集をしています。
 http://miyaichi.net

 杜の宮市の発明?の一つが「はんじょうブース」です。
 始まりは2015年4月26日開催の第15回杜の宮市でした。

はんじょうブースを始めた想い
 はじまりは、新しい作り手、まだ始めて間もない作家たちに活躍の場、出展の機会を提供できないだろうかという想いでした。
 真清田神社境内の手作りクラフト展示販売部門の「138のモノづくり」は、境内ほぼ一杯に広がり、もうこれ以上出展者を増やせない状況になっていました。しかも樹木が成長するなどで、さらに目一杯に。これは今も変わりません。
 杜の宮市の出展者の審査は、外部の専門家を中心におこなわれるのですが、それでも人気が高くて名実ともに実力ある出展者が毎年まあまあ多く続いて出展することになりがちです。そうすると、新しい出店希望の方、作品などに何か魅力があったり成長性が見込める方でも、出展をお断りしなくてはならないケースが散見されるようになっていました。
 新しいルーキーの作家、大きいブースまでの作品数やブース配置はできないけれど、魅力ある作り手や新しい方にも、活躍の場を提供できないだろうかと、その数年前から考えておりました。

ある問題がきっかけで
 そんなころ真清田神社の境内、本殿の前では問題が表面化していました。
 本殿を正面に拝んで右手すぐの場所には、通路をはさんで飲食ブースがずらりと並んでいました。何年か前から、いくつかのブースがブースの裏に荷物などを広げて置くようになっていました。機材をブース外に置くだけでなく、氷を入れた子供用のプールを置いて中に飲み物を入れたり、仲間内で椅子を出して座り込んだり、ゴミを積み上げたり・・・
 ブース正面通路からは裏手ですが、神社の本殿の正面あたりです。本来、参拝の方ののために空けてある場所です。毎年批判され、何度も注意しても、またそんな風景となっていたところ、厳しく指摘を受けて、もうそのあたりに飲食ブースはダメということになりました。

はんじょうブースの誕生
 飲食の数人には呆れたけれど、エリアが空いたことはチャンスでもありました。飲食ブースだったエリアの一部に7m角ほどのテントを張り、一つのブースが90センチ角の「半畳ブース」を36ブース設定しました。初回、どうなるかと心配していましたが、小さなエリアに凝縮感があり、一つ一つのブースは小さいながら、全体として大きなうねりのある熱気に包まれた空間となっていました。
 翌年の第16回からは、杜の宮市の会場が本町商店街全体に広がりましたので、半畳ブースの場所を会場で一番南の本町4丁目に移しました。新しいエリアの一番先端部で、果たして人はたくさん行くかと心配していましたが、朝からずっととても多くの来場者で賑わいました。

お手軽出展も
 「はんじょうブース」は机も付いていますので、お手軽出展も可能です。例えばある女性の出展者は電車で3時間くらいかかるのですが、バックパック一つがすべて。パック一杯の作品を背負って電車に乗ってやってきて、空にして帰っていきます。ブースも小型なので、初めて間もない方なども気軽に出展可能です。
 ただしこの「はんじょうブース」部門も審査があり、かなりの方をお断りしていますので、写真や文章などで、個性と想いをしっかり伝えてください。

 今の「はんじょうブース」には「はんじょうアート」と「はんじょうフード」があります。
●会場は、本町4丁目(アーケード下)か、一宮駅コンコース内で名鉄百貨店前の「駅の宮市」(どちらか出店場所の希望はお聞きしますが、どちらに出展いただくかは主催者が決定)どちらも全天候対応可能。
● ブースの大きさは90センチ角。
● 180センチの会議机の真ん中に線が引いてあり、1ブースの机面積は90センチ✕45センチ(必ず机が付きます)。その机の後ろに90センチ✕45センチの出展者がいるスペースがあり、合計90センチ角の半畳分となります。
● ブースの横と後に通路があり、若干の余裕があります。
● 「半畳アート」は、「138のモノづくり」と同様に、作り手自身の作品を、作り手自身が出展して、作り手自身が説明して販売するアート・クラフトのブースです。仕入れたものは不可。
● 「半畳フード」は、許可を得た製造場でつくったものをパック詰めして販売(今のところパック詰めだけですが、将来的には別の展開を模索していきます)。
● 「半畳アート」は、「ワンコインアート」にご協力いただきます。500円以上の価値ある作品を当日一つ寄付していただき、それを来場者が500円のくじで購入するものです。収入は全額を災害支援の寄付金にしています。
 

はんじょうブースのかたち
本町4丁目エリアの例ですが、駅の宮市でも後ろと隣との配置が変わるだけで、机などは同じです。

191229 はんじょうブース図解 杜の宮市20 - Edited.jpg


2015年4月26日開催の第15回杜の宮市、第1回「はんじょうブース」のようす

159426 (1).jpg

posted by 星野博 at 10:43| 杜の宮市とは