2020年03月11日

返金フォームへのご記入、ご寄付を、ありがとうございました(第20回杜の宮市)

2020年5月5日(火・祝)に開催予定だった「第20回杜の宮市」は、新型コロナウィルス禍に対処し、また出展や協賛の方々を含めて杜の宮市と関係する方々のため、2月26日17時に中止(延期)を発表しました。

発表時点では、まだ出展料や協賛広告料のお払込を受けている最中でしたが、以降の送金を止めていただくようにしました。

既にお支払い済の分はすべて返金することをお伝えし、返金先口座などを記入いただくフォームへの入力をお願いしました。

昨日3月10日が入力のひとまずの締め切りでした。期間中300人を超える皆様にご記入をいただきました。誠にありがとうございます。整理と確認をしたあと、3月24日までに返金させていただく予定です。

------------------------------------------------

そして申し訳なくも、何ともうれしいことがありました。

今までの準備工程で既に50万以上の支出(赤字)があり、その返金フォームに
「何の得もない寄付ですが、返金の振込手数料分などでも、本当に助かります」
と寄付をお願いしました。その分を差し引いて返金させてくださいと。

そう公開した初日、夜12時にフォームの集計表を見て驚きました。
夕刻5時にホームページで中止を公表してから7時間ほどの間に、108人の方が記入してくださいました。

その7割以上の方が、寄付をしてくださっていました。

さらに昨日の締め切りまでには305人の方に記入いただき、そのほぼ8割の方が寄付をしてくださいました。

出展料や広告料をまだ払い込んでいなかった方々からも、わざわざご寄付を送金いただいてもいます。
また今回の出展をお断りした方々からも、わざわざご送金いただいています。

金額は数百円から出展料や広告料の全額の数万円まで様々です。
金額の多寡では無く、8割もの方々、250人ほどの方々に寄付のお申し出をいただいたことに、私たちは深く感謝し、感動しております。

振り込みなどお手数をおかけし、5月5日には様々な表現と様々な展開をしていただくはずだった皆様です。

------------------------------------------------

たくさんの応援メッセージをいただきました。
こうしたらいいというアイディアも多数お寄せいただきました。
多くの方から、秋の開催希望などのご意見もいただきました。


「杜の宮市」という市民活動の果たすべき役割、文化とコミュニケーションの地平を市民自ら地域に醸成していくことの責務を、あらためて認識しました。


今後どうなるのか、全く分かりませんが、まずは皆様に深く御礼申し上げます。

様々な情報に翻弄されることなく、リスクを回避し、ご自身をご自身でお守りいただきますよう、ご自愛くださいますよう、お願い申し上げます。


trimスクリーンショット 2020-03-11 06.06.35_w32.jpg


posted by 星野博 at 06:17| ・ ニュース / レポート