2020年05月02日

AMABIEつながるストリート(第20回杜の宮市)駅からまちへ、銀座通りに120枚のフラッグを

line_5017561191990_w32.jpg

2020年5月5日に開催予定でした第20回杜の宮市は、「駅からまちへ まちを広場に ツナガル ヒロガル 杜の宮市」というテーマで駅前から商店街までを歩行者天国にし、また中心地全体を安心安全な文化とコミュニケーションの空間にしようとしておりました。

しかし新型コロナウィルス禍への対応のため、2月26日に中止(延期)を発表しました。

その同じ5月、会場予定地だった駅前から商店街にある街路灯に、コロナ感染拡大を抑え、ポストコロナの未来をつくるため「アマビエ」のイラストが描かれたフラッグを飾りました。

AMABIEつながるストリート。

第20回杜の宮市のただ一つのリアル(現実)の事業です。


5月2日(土)10時。杜の宮市準備委員会のコアスタッフ15名ほどで取り付け作業を開始しました。
接触機会を削減すため、今回は一般ボランティアは募集せず。

銀座通りの街路灯は北側に32本、南側284本、合計60本。1本の両側で2枚ずつ設置できますから、合計120枚。ネジ回し用のドライバーをいくつも用意したのですが、実際には手で回せる仕組みの街路灯がほとんどでした。1ヶ所だけネジが無くなってましたが順調に作業は進み、1時間ほどで取り付けを終わりました。

一宮駅のi-ビルと、一宮市役所とアーケード。それらを繋ぐように、大きな青空、青い大空の下に、山吹色のアマビエフラッグは120枚、静かにたなびいていました。

------------------------

このアマビエの絵は、第6回杜の宮市のメインモチーフとなるイラストを担当した、なんのさわこさんが描きました。絵本作家で看板作家です。
https://www.instagram.com/kanbanten55/

3月、アマビエが話題になっていく中で、紆余曲折の議論の後に「AMABIEミヤイチ」構想が決まっていきました。

杜の宮市や様々な活動を麻痺させ、経済はもちろん、多くの人々の健康や生命までも奪った疫病に対する守り神として、杜の宮市版アマビエを描いてもらい、それを会場の予定地だった銀座通り商店街で、駅前から街なかに向けて120枚を飾ろうと。

------------------------

コロナを越えて
つながる未来を

このメッセージにも、多くの時間を費やして検討しました。

「コロナ」は入れない方がいいと言う意見も多くありましたが、やはり明確にしようということに。

「打ち勝つ」とか「負けない」とか、そうした「戦い」の意思表示が明確に必要なのではという議論がありましたが、ただ静かにしていることだったり、距離を置いたりと、戦い方が状況によってどんどん変わっていくので、敢えて使わないようにしました。

私たちは3月初めから「ポストコロナ」という言葉を使い始めました。コロナが終わった後の社会を見据えつつ、今に対応しようという意志で、それを「越えて」というフレーズに込めました。大きな峠を越えていく先の、美しい渓谷に想いを寄せて。

誕生した「コロナキッズ」「コロナ世代」を守っていくためにも。

またこれは一人では戦えない世界戦争であり、同時にどの一人も戦うべき本土決戦であり、そこに「連携」することを、杜の宮市のテーマの一つ「ツナガル」と重ねて入れました。

covid-19へのチャレンジは、大きな力、大きなお金が必要なことですけれど、それとは別個に私たち市民が自分自身で一人一人で対応していくことが重要で、その自主・自律的なありかたを、「を」という末尾で表現しました。

------------------------

コロナを越えて、つながる未来を

ポストコロナの新しい時代への夢と願いを、今の自主自立的な対応に繋げ、連携して未来を私たちで創出してくこと。

そうした想いを120枚のフラッグに重ねて、駅からまちへ、飾りました。

------------------------

添付の画像は、杜の宮市コアスタッフのRちゃんです。

作業終了の集合記念写真は「密」ですが、1分ほどですのでご勘弁ください。

他の写真はコチラ
https://photos.app.goo.gl/jfAEjE41t5hS1ejW8


追:フラッグはお分けもしています。ご希望があれば下記のフォームからご登録ください。
https://forms.gle/FsCztgecpjSxcjPt5

line_5008506114494_w32.jpg

line_5010825325326_w32.jpg

line_5017374763032_w32.jpg

line_5019173240010_w32.jpg

line_5022886571884_w32.jpg

2020.5.3 中日新聞尾張版P16
200503 cnp o 16 アマビエ 杜の宮市 岩井里恵_w32.jpg

AMABIEミヤイチ(第20回杜の宮市オリジナル)

2020年5月5日に開催予定でした第20回杜の宮市は、「駅からまちへ まちを広場に ツナガル ヒロガル 杜の宮市」というテーマで駅前から商店街までを歩行者天国にし、また中心地全体を安心安全な文化とコミュニケーションの空間にしようとしておりました。

しかし新型コロナウィルス禍への対応のため、2月26日に中止(延期)を発表しました。

同じ5月、その駅前から商店街にある街路灯に、コロナ感染拡大を抑え、ポストコロナの未来をつくるため「アマビエ」のイラストが描かれたフラッグを飾るようにします。

このイラストは第6回杜の宮市のメインモチーフとなるイラストを担当した、なんのさわこさんが描きました。

私たち自身を含めアマビエ様に守ってもらうため、杜の宮市版「アマビエ」グッズを作ります。

ご希望があれば下記のフォームからご登録ください。
https://forms.gle/FsCztgecpjSxcjPt5

収益金の全額は杜の宮市準備委員会にて、公益目的に活用します。


------------------------------------------------
ミヤイチ版AMABIEグッズ
------------------------------------------------
● 缶バッジ 【限定138個】
38ミリ、裏は安全ピンタイプ。
1個500円、2個900円、3個1,200円、4個1,400円、送料200円(簡易発送)
*ステッカーシートと合計で同様の値引き(缶バッジ1個とステッカー1枚900円、缶バッジ1個とステッカー2枚1200円

●ステッカーシート 【限定138個】
ステッカーシートはA5サイズ(210mm×148mm)、大小9個のシール
1枚500円、2枚900円、3枚1,200円、4枚1,400円、送料200円(簡易発送)
*缶バッジと合計で同様の値引き(缶バッジ1個とステッカー1枚900円、缶バッジ1個とステッカー2枚1200円

●フラッグ 【限定38枚】
ヨコ300mm×タテ850mm、上部の棒通し筒50mm、ポンジ布、1枚1,380円、送料200円(折り畳み簡易発送)

●Tシャツ 【4月30日締切 10人以上希望者が出たら作成】
表に200mm角程度、裏に100mm角程度のデザイン 予価3,000円

●寄付の返礼品(プリントアウト おふだ代わりに)
モノクロプリントアウト A5サイズ 100円以上の寄付で2枚


------------------------------------------------
受取方法
------------------------------------------------
●郵送(バッジとステッカー4セットとフラッグ1枚まで200円) ⇒⇒ 郵便番号・住所もご記載を
●com-cafe三八屋で交換


------------------------------------------------
送金方法
------------------------------------------------
●振込 ゆうちょ銀行 〇八九店(ゼロハチキュウ店)0002039 杜の宮市準備委員会
●com-cafe三八屋でのグッズ引き渡し時の現金(釣銭が無いようにお願いします)

★よろしければいくらかでもご寄付をお願いします。


*「アマビエ(歴史的仮名遣:アマビヱ)は、日本に伝わる半人半魚の妖怪。光輝く姿で海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられている。」(Whikipedia)
「私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」と言ったと伝えられ、2020年2月27日から新型コロナウイルス対策として様々に描かれています。

缶バッジ
trim 200418-38mm amabie-morinomiyiaichi-191216_realize_badge_template.jpg
2020-04-23 13.15.23_w32.jpg

ステッカーシート
200418 amabis miyaichi seal_multi [更新済み] (1)_w32.jpg

フラッグ
200421 決定20200500杜の宮市_フラッグ05_w32.jpg

Tシャツ
200421 Tamabie.jpg

#アマビエ
#AMABIE
#アマビエミヤイチ
#アマビエ杜の宮市

2020年02月21日

「帰ってきた、大せんい市」開催場所は、一宮駅すぐ前 (第20回 杜の宮市)

予定より遅れること2か月、やっと昨日になって公開しました「帰ってきた、大せんい市」プロジェクト。

その場所は、一宮駅東口、駅前の信号渡ったところ、いちい信用金庫とファミリーマートの間からの、銀座通り1ブロックとなっております。

「帰ってきた、大せんい市」の詳細は http://morino381.sblo.jp/article/187181220.html

200221-帰ってきた、大せんい市-会場191203-駅からまちへ-ウォーカブルマップ-杜の宮市20_w32.jpg

2020年02月20日

「帰ってきた、大せんい市」出展のご案内 (第20回 杜の宮市 緊急プロジェクト No.2)

第20回 杜の宮市 緊急プロジェクト No.2
一宮駅を出たすぐの、まちの玄関ともいうべきエリアで、尾州の、せんいの、企画です。
(既に杜の宮市の他部門で出展が決まった方も、その旨を記載して申し込んでください。)

帰ってきた、大せんい市
1978→2020


“尾州産地は、永久に不滅です”

尾州に働くみんなの手で、産地の魅力を伝えよう!

大せんい市って何?
一宮市最大のイベント「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」では、1965年から1978年まで一宮駅東口のすぐ駅前で繊維の特売会が開催されていました。
「大せんい市」と名前を変えてスポーツ文化センターに場所を移した後、数年で終了してしまいました。

杜の宮市って何?
杜の宮市は2001年から毎年春に開催され、前回来場者は3万人以上。今年は􏍛􏍖􏍖 を超える出展者が全国から集まる一大クラフトイベント。
地域のシンボル真清田神社から、文化とコミュニケーションの
振動を市民手づくりで全国へ伝播させようとしています。

帰ってきた、大せんい市
この街に一番活気が溢れていた時代のイベントを、当時と同じ場所同じ名称で復刻することになりました。
まだまだ知られていない尾州の魅力を産地で働く皆さんで一丸となって伝えていきましょう。


=============================================================

「帰ってきた、大せんい市」出展のご案内

一宮駅前 銀座通りの入り口で、繊維関連30 ブースが出展予定です。
「尾州」「繊維」繋がりなら展示も販売もPRも体験も何でもOK。
特にこれからの産地を担う若手のご参加をお待ちしております。
尾州ならではの個性的な出展をぜひお願いします!

出展例 生地や糸など服資材の販売、
自社ブランドの製品販売、
企業PR や、求人案内 etc..

出展内容でわからない点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。


日時: 2020 年5 月5 日(火・祝)10 時より16 時30 分  搬入は7 時より、搬出は19 時まで

場所: 一宮駅直前、いちい信用金庫北、銀座通り西端1ブロック
    車道両側に、2.4m角のテントブースを30 ほど設置。

申込: 杜の宮市公式ホームページのフォームにて申込。3 月8 日( 日) 締切。
*申込フォームはコチラ ⇒ https://forms.gle/dTM2itvTRYsQZ6tDA

出展料: 7,000 円(テント・机・什器等はご用意ください。)
    ※テントやブースの大きさ、出展内容などは下記までご相談ください。

主催: 杜の宮市準備委員会(事務局 NPO法人志民連いちのみや)

企画: 大せんい市復活団 お問い合わせ:事務局 星野博
メール: info@miyaichi.net 電話 090-2265-9188 FAX 0586-72-8885 一宮市本町4-12-7

2020年2月20日

2002200 fix 帰ってきた-大せんい市-募集フライヤーチラシ 杜の宮市20_ページ_1_w32.jpg
2002200 fix 帰ってきた-大せんい市-募集フライヤーチラシ 杜の宮市20_ページ_2_w32.jpg


会場は、一宮駅東口、駅前の信号渡ったところ、いちい信用金庫とファミリーマートの間からの、銀座通り1ブロックとなっております。
200221-帰ってきた、大せんい市-会場191203-駅からまちへ-ウォーカブルマップ-杜の宮市20_w32.jpg


● 申込フォームへのリンク(再掲)
https://forms.gle/dTM2itvTRYsQZ6tDA

● 企画書
200220 帰ってきた、大せんい市 企画書 杜の宮市20.pdf

● 出展のご案内フライヤー(印刷用)
帰ってきた-大せんい市-募集フライヤー杜の宮市20.pdf


2020年02月09日

駅からまちへ・・・第20回杜の宮市は、一宮駅前から銀座通りも歩行者天国に! 安全・安心、ウオーカブルな「遊歩街」を目指して

 第20回杜の宮市のテーマ「駅からまちへ まちを広場に ヒロガル ツナガル 杜の宮市」
 このテーマの意味を、非公式ながら、やっと公開できるようになりました。

------------------------------------------------
駅からまちへ ヒロガル宮市 2020

------------------------------------------------


 第20回杜の宮市では、会場の拡大を図ります。
 まだ様々な課題の解決や近隣の個々の皆様へのご案内などが必要ですけれども、下記のような方向でお願いしてまいります。

------------------------------------------------

 一宮駅東口から本町通商店街アーケードに至る「銀座通り」全域を歩行者天国にし、駅からまちへ、本町商店街そして真清田神社へと繋がるようにしたいのです。

 これを通して、安全・安心な歩いて楽しいまち、ウォーカブルな文化高い「遊歩街」に一宮がシフトしていくための社会実験の場ともしていきたいのです。残り364日のために。

 会場は、一宮駅西口広場から駅コンコース内、駅東口から銀座通、ロータリーから御朱印地商店街の一部、1丁目から4丁目まで本町商店街の全体、葵公園、夢織広場、オリナス、剱正幼稚園駐車場の一部、宮前三八市広場、真清田神社境内と広がる方向です。
 会場の全長は、今までの1キロメートルが1.6キロメートルに。単純計算では500以上のブースに出展してもらえるようになります。

 これから、下記の新しい業展開をしていく予定です。

様々な新企画

● 帰ってきた大せんい市・・・駅前に復活する「尾州」で「糸編」の新企画、間もなく新規出展募集開始。
● キッチンカージャンボリー・・・30以上のキッチンカーが並ぶ安心安全ウォーカブルなアウトドアレストランタウン。
● ロータリーステージ・・・駅前ロータリー(ラウンドアバウト)の島の上部がナチュラルなステージに。
● ヒロガル宮市〜市民活動大集合!・・・企業のCSR活動など広報や実際の活動の出展を新規募集。
● 御朱印地キッズ&ヒーリングエリア?・・・市役所南の商店街の一部でキッズ&ヒーリングエリア検討中。
● さらにヒロガル 宮市ブース・・・既存のエリアに余裕が生まれて、追加の出展募集ができるかも。
● まちを広場に・・・まちにある3つの「広場」を繋いで、面としてのまち、広場のようなまちを。
● その他、コラボ企画事業なども。
 
宮市ヲ助けたい

 杜の宮市のイベント運営を助けてくださるグループや団体、個人の方、「宮市を助けたい!」「宮市お助け隊」になってください! 募集してまいります。

ウォーカブルファンド ・ トイレクラファン

 ウォーカブルタウンにするために、ガードマンとトイレでかなりのコストがかかります。資金面でも杜の宮市を助けてください。設置してまいります。

 第20回、20年目の、チャレンジです。

 皆様、物心ともに強く支えてください。杜の宮市をともに支えてください。よろしくお願い申し上げます。

ss-200209-会場マップ-国土地理院地図ベース-杜の宮市20.jpg